商品登録を外注する方法についてご紹介します

このサイトでは、非常に面倒な商品登録作業を自ら行うよりも外注することのほうがメリットがあることや、そのときに発生する料金はいくらになるのか、依頼はどうやって行うのかという流れ、依頼先となるクラウドのことなどをまとめています。
また、アルバイトを雇う会社ありますから、そのことについても解説をしています。
これらの記事を読めば、今まで時間と手間をかけてきた作業は、自社でやる必要がないことを理解できるしょう。

面倒な商品登録作業は外注してしまいましょう!

面倒な商品登録作業は外注してしまいましょう! ネットショップなどを運営していくにあたって、重要だけれども手間がかかるのが商品登録です。
新しい商品を仕入れるたびに商品写真を用意し、必要な情報を入力していく必要があります。
さらに何か変更があれば、すぐに情報を反映させなければいけません。
ネットモールに複数店舗を出店しているときには、その分だけ手間が増えます。
時間がどんどんと商品登録にとられてしまうと、他の作業に割ける時間が短くなります。
それで困っているならば、いっそのこと外注で商品登録をやってもらうほうがいいです。
外注をすれば、費用がかかりますがその時間で営業や商品の発注などができますから売上を伸ばして元を取ることができます。
それに外注はかなり安く頼むこともできますから、スタッフが商品登録をやっているときに発生する人件費と比較すればかなりのコスト削減ができます。

ネットショップの商品登録を外注するメリット

ネットショップの商品登録を外注するメリット ネットショップは店舗と比べた場合、取り扱う商品の数が多めなのが特徴ですが、その分商品登録に手間がかかります。
すべての工程を自分一人で行うとその分人件費がかかりませんが、手間がかかって効率が悪くなるのが実情です。
そのため、商品登録をするときには外注に出すというのもビジネスを効率化するための一つの方法といえるのではないでしょうか。
外注先は色々ありますが、在宅ワーカーが多く集まるクラウドソーシングのサービスを利用すると、驚くほど安く商品登録を済ませることができます。
最近クラウドソーシングサービスは登録者が増えたせいもあって値段が低価格化してきていますので、低コストで作業効率をアップさせることが可能です。
商品登録を外注するときには、まずはクラウドソーシングサービスに登録して依頼をします。
在宅で働いている人たちとは、サービスを通じて直接やり取りすることができますし低価格で仕事を依頼することができるのでお勧めの方法です。
すべてを自分一人でやろうとすると、必要なことをする時間が無くなってしまいますので、単純作業は仕事を欲しがっている在宅ワーカーに依頼することでお互いにとってメリットになるのが推奨される理由です。

商品登録の外注化と内製化と資金の有無について

インターネットショップでは商品登録は労力の必要な作業であり、運営に労働集約したい場合には外注化を含めて運営を行わなければなりません。
クラウドで仕事を募集すれば単価の値段で引き受けてくれるユーザーも多くいますので、企業が内製化するよりもコストダウンになる可能性があります。
その一方で品質の問題や情報流出のリスクまで想定すると、依頼した単価は安くても二次的な問題が発生してしまうと結局は信用問題まで発展してしまうのです。
画像のカラーが違っていたり、一部不適切な画像があるなど商品知識の乏しさから加工画像への反映がされないミスマッチも発生します。
責任の所在は個人ではなく、注意点を外注先に伝えなかった依頼企業に帰属するのです。
商品登録は資金をかけて内製化して品質を守るか、専門企業に依頼して修正や問題があった時のトラブル対応まで含めて外注化すると負担が少なくなります。
その代わりにコストは発生しますので、損益分岐のカーブを見てから決定しなくてはいけません。

リモートワークが可能な商品登録とその他の仕事

現在はインターネットとクラウドシステム、オンライン会議ツールなどやチャットシステムを使えば、出社しなくても在宅で出来る仕事があります。
例えば設計系の仕事やWEBデザイナー、インターネットショップの商品登録やプログラマーなどです。
毎日出社しなくても一週間に一度程度出社するなど、スケジュール管理をすれば自己完結出来る仕事ならば逆に在宅の方が効率が上がります。
現在はこうしたリモートワークが推奨されているのです。
一方で他の部署との連携が必要であったり、現業職の場合には出社しなければなりません。
たとえばインターネット通販会社でも出荷などの物流作業系や、お客様から問い合わせがあり現物確認や在庫管理などを行う場合も会社で仕事をした方がいいでしょう。
対して商品登録ならば画像データさえあれば、自宅でフォーマットに加工すればいいだけです。
専業は難しいかもしれませんが、カメラマン兼マーケティング担当兼画像加工などのデザインの受け持ちなどでしたらリモートワーク可能になります。

商品登録のクラウド化は一元管理と外注のパターン

商品管理や商品登録をクラウドで行えば離れている拠点同士でも一括管理が行えるメリットがあり、倉庫と本社での在庫の一元化などでは役立ちます。
こうしたホットラインの機能は以前からhtmlソフトでは行われており、とくに大規模サイトなどではチームで作業するためにシステム化されておりました。
目新しいことでもありませんし、クラウド化と言う言葉の範疇が拡大しているようにしか思えません。
現在のクラウド化は個人事業主やフリーランサーに、商品登録などの仕事を斡旋する意味で使われているケースの方が多いです。
自社で行うよりも安い金額で外注が出来るし、クラウドサービスで外注すれば費用だけではなくスピード化も可能になります。
しかし品質の一定性がなかったり、情報流出に対する担保はありません。
極端な話で言うとこれから出品するデータだって財産です。
クラウドやフリーランサーで仕事を依頼することは有益ですが、流出したら困るデータの仕事は安易に外注化することは命取りです。

簡単に商品登録や顧客管理を行えるシステムを導入

最近はネットビジネスで独立する人が増えていますが、ネットショップが成功すると煩雑な業務が増えます。
自社のECサイトが増えると、データを集約して適切に運用できるシステムが必要になります。
インターネットを通じて商品やサービスを販売できるECサイトは、大きく分けて2種類に分類できます。
オンライン上のショッピングモールに出店するスタイルも根強い人気を誇りますが、自社サイト型も増えています。
商品登録から顧客管理まで必要な機能を全て備えているシステムを導入すれば、無駄な手間を省き業務の効率化を図れます。
ECサイトを持っている場合は、受注管理や在庫管理が特に重要です。
一元管理システムを使えば、複数のネットショップからデータを取り込んで管理できます。
商品登録機能もあり商品名や画像、説明文の変更も一括で行えるので便利です。
発注書を自動で作成してメールを送付できる機能を利用すれば、煩雑な仕入れや発注の手間を省けます。

商品登録外注化とネットビジネスの傾向について

ネットビジネスはサービスを展開することが目的の場合と、プロモーションやマーケティングで情報の収集や周知活動を行う場合もあります。
前者はサブスクリプションやECなどのサービスや商品を提供して利益を獲得するビジネスモデルであり、商品を登録することがとても大切なことです。
商品登録はキーワードをCSVデータにする文書管理と、画像を登録する画像登録をワンセットにして商品登録を行ってゆきます。
以前は内製化して全てを行うフルフィルメントが主流でしたが、現在はこうした作業も外注化して、運営本部はデータ抽出と分析をしたり、マーケティングやバイヤーなどの商品の確保や数値管理などを行う会社が増えているのが特徴です。
ネットビジネスはライバル企業が増え過ぎて、独自路線を追求したり利益率を上げて行かなければなりません。
そのためにはコストを抑えたり仕事の効率化を行うこと、商品開発や仕入れなどの営業と企画、流入キーワードや直帰率などの改善を行うことなどが重要だと言われております。

商品登録に関する情報サイト

商品登録が可能なネットショップ

新着情報

◎2022/12/6

情報を追加しました。

> 商品登録の外注化と内製化と資金の有無について
> リモートワークが可能な商品登録とその他の仕事
> 商品登録のクラウド化は一元管理と外注のパターン
> 簡単に商品登録や顧客管理を行えるシステムを導入
> 商品登録外注化とネットビジネスの傾向について

◎2020/10/6

商品登録の設定は重要
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

雑誌から商品登録する方法
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

ネット販売を楽に
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

バイトを雇って作業を依頼
の情報を更新しました。

◎2020/2/5

商品登録作業をクラウドで依頼
の情報を更新しました。

◎2019/11/15

サイト公開しました

「商品 外注」
に関連するツイート
Twitter

返信先:商品管理や梱包発送はわかるんですけど、リサーチはめっちゃコアな部分だと思ってます。 そこを確立しないで外注化ってどうやるんだろ???と思います🙄

OEM(Original Equipment Manufacturer)相手先企業のブランドを付けて販売される商品の受注生産の事 本来は製造業による受注生産をさすがアパレル業界では商社などが相手先企業から受注して外注工場に発注

いつも働いているスタッフの数 卸売業、小売業、サービス業→5人以下 宿泊業、娯楽業、製造業、その他→20人以下 ちなみに商品、サービスの広報が対象。会社案内のパンフレット、企業サイトは対象じゃないから気をつけて。審査もあるから申請サポートは外注がおすすめ

OEM(Original Design Manufacturer) "相手先企業のブランドを付けて販売される商品の受注生産"のことで本来は製造業による受注生産をさすがアパレル業界では商社などが相手先企業から受注して外注工場に発注する場合もさしている

【保存版】確定申告の副業で経費一覧 10万円以下PCは 「消耗品」 メルカリ発送代は 「商品発送費」 Twitter代行費は  「外注費」 WEB広告費は   「広告宣伝費」 カフェ代は 「雑費」 Wi-Fi代は 「通信費」 "家賃・光熱費"で注意しないといけない事は『